コラム

Original

家庭で出来る!虫歯から歯を守る3つの方法

虫歯は一度なってしまうと場合によっては歯を削ったり抜いたりしなければならなくなってしまいます。

そうなってしまう前に家庭でできる3つの方法を活用して虫歯のリスクを減らしましょう!


そもそも虫歯とは?

虫歯は細菌が食事に含まれている「糖」を利用して歯を溶かしてしまう病気です。
虫歯を作る細菌は食事の食べかす(プラーク)の中にいます。
プラークは細菌の塊で、このプラークがしっかりと落せていないと虫歯になるリスクが高くなります。


虫歯になってしまうと?

虫歯になってしまうと歯が沁みたり痛みが出てくることが多いです。
また少しだから、痛みがあまりないからと言って放置しているとどんどん進行していき、
神経が死んでしまったり歯のほとんどが溶かされてしまうことも考えられます。

最終的には歯を抜かなければいけなくなってしまうケースもあります。


家庭で出来る虫歯から歯を守る3つの方法


虫歯のリスクを減らすためには次の3つのことに気をつけると良いでしょう!


  • おやつをだらだらと食べない


虫歯にとって糖分は最高の栄養と言われています。
だらだらとお菓子を食べていると虫歯にたくさん栄養を送ってしまっているのと同じと言えます。


  • 食後30分くらいに歯磨きをする


歯磨きは食後30分くらいを目安に行うことをオススメします。
あまり時間が空いてしまうと虫歯菌が活発に活動を開始すると言われています。


  • 一口30回くらい噛む習慣をつける


食事の際は一口に30回を目安によく噛んで食べることをオススメします。
よく噛むことにより消化を助け虫歯の繁殖を抑制する効果があると言われています。

上記を守って虫歯のリスクを減らしましょう!


松野歯科医院では虫歯の予防に力を入れています!
ここで紹介した以外にも虫歯のリスクを減らす方法をご案内しています。
お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ・診療予約はこちらから