コラム

Original

口臭の原因にも!?歯周病ってどんな病気?


口臭の原因にもなると言われている歯周病・・・。
歯周病は虫歯と違い見た目では判断がつきにくく気付いたときには歯を抜かなければならない状態になってしまうこともあります。
そんな歯周病についての解説と簡単にできるセルフチェックの方法をご紹介します。


歯周病とは?

歯周病とは歯槽膿漏のことで歯を支えている骨が溶けてしまう病気です。
細菌の塊であるプラークや様々な原因が絡み合い歯周病になっていきます。
また、免疫力が低下することによって歯周病になるリスクが高くなることがあります。



歯周病になってしまうと

歯周病は虫歯と違い見た目にも分かりにくく、痛みを伴うこともほとんどありません。
また、歯周病であるということに気づきにくく、気が付いた時には手遅れになってしまうこともあります。
初期段階では、歯を磨いていると出血したり、歯茎がムズムズするなどの症状があると歯周病である可能性があります。
歯周病が進行してくると歯がグラグラしたり、歯並びが悪くなってきて最終的に歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病があると糖尿病や心臓病、誤嚥性肺炎、早産、全身のしびれなどを引き起こす危険があると考えられています。
また歯周病によって歯が抜け落ちてしまうことによって痴呆が進んだり運動能力が低下するおそれもあります。



歯周病セルフチェック

歯周病は80%以上の成人がかかっていると言われる病気です。
早期発見・早期治療のためにセルフチェックを行い早めに歯科医院へ行くことをオススメします


  •  歯を磨くと出血する

  •  歯がグラグラしている

  •  歯茎に隙間がある

  •  タバコを吸っている

  •  口臭が気になる

  •  歯茎が腫れている

  •  歯茎がムズムズする

  •  口の中がネバネバする

  •  歯垢や歯石がついている

上記に1つでも当てはまる場合は歯周病でなくとも歯周病の一歩手前の可能性が高いので早めに歯科医院へ行ってチェックをしてもらいましょう!
3つ以上当てはまる方は歯周病である可能性が非常に高いです。
歯科医院でチェックをし、歯周病であった場合早期に治療を開始することをオススメします!

松野歯科医院でも歯周病の治療や予防に取り組んでいます。
少しでも気になる事がございましたらお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ・診療予約はこちらから