コラム

Original

歯のクリーニングはどれくらいの頻度ですればいい?

歯科医院で行う歯のクリーニングはどのくらいの頻度で知ればいいの?
こんな質問をよく受けます。
自宅での歯磨きだけでは落としきれない歯垢や歯石を歯科医院で定期的に受けることにより虫歯や歯周病の早期発見、予防に役立ちます。
定期的に歯のクリーニングをして健康な歯を目指しましょう!

どうしてクリーニングが必要なの?

歯のクリーニングを定期定期に行う理由は虫歯や歯周病のリスクを減らすことです。
ご自宅での歯磨きだけでは落としきれない歯垢や歯石を落とすことにより虫歯や歯周病のリスクを減らすことにつながります。
またクリーニングを行う際に歯の全体の状態もチェックできるので虫歯や歯周病の早期発見にもつながります。


歯のクリーニングはどんなことをする?

歯のクリーニングでは基本的には歯石を取ることがメインです。
スケーラーという専門の器具を使用し歯磨きでは落としきれない歯石を取っていきます。
またPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)といって普段の歯磨きでは落ちにくい歯垢を専門の機械を使って落としていく方法もあります。
クリーニングは歯科医師や歯科衛生士が専門の器具を用いて歯石や歯垢を落とし口の中をきれいにすることです。



どれくらいの頻度でクリーニングに行けばいい?

どのくらいの頻度でクリーニングを行えばいいのかは口の中の状態によるので一概には言えませんが目安としては下のようなイメージになります。

基本的には歯のクリーニングは3ヶ月に一度が目安になります。
歯医者さんから3ヶ月おきに定期検診のお知らせが届くと思いますが、これはお口の中全体のチェックを兼ねてクリーニングをしませんか?という案内です。

虫歯がなく歯茎の状態が良い人でご自宅での歯磨きもしっかりとできている人であればだいたい半年に一度くらいが目安です。

虫歯や歯周病になりやすい人や歯茎の下がっている人などは2ヶ月に1度ほど歯のクリーニングを行うのがおすすめです。

定期的にクリーニングを行うことにより虫歯や歯周病のリスクを減らし、快適なお口の環境を保ちましょう!


お問い合わせ・診療予約はこちらから